商品開発のこだわり

猫にいいものしか入れない!

私たちが頑なに守っているのが「飼料でなく、食べ物」という考え方。だから、余計な栄養剤や添加物を入れることはしません。水揚げされた新鮮なまぐろを素早く調理。内臓や骨はていねいに取り除き、魚の旨味をそのままに。漁港ならではの加工のスピードが、そのまま味の差になります。猫はとても嗅覚が鋭く、人間よりはるかに鮮度に敏感です。そんな猫たちにも、フレッシュなおいしさを閉じ込めた「たま伝」は、食いつきの良さが違います。

猫がよろこぶ味わいを、とことん

ネコ科の動物は、本来肉食性。私たちは、猫の生体・味覚に合ったおいしさにこだわり続けています。たとえば「食通たま伝」のまぐろを包むゼリー。既存の低コストのものは使わず、食品開発部スタッフが何十種類もの組み合わせを研究し、オリジナルのゼリーを開発。コストがかさんでも猫が喜ぶことを第一に考え商品化しました。また、猫が好む食感を追求し、動物の生の内臓をモデルに食物繊維入りのフードを作ったことも…もちろん、猫たちには大好評でした。

栄養は、添加物でなく食材から

私たちは、いわゆる総合栄養食に仕立てるために、むやみに添加物を入れたりはしません。できるだけ食材による栄養摂取をモットーにしています。たとえば、年代別食「たま伝 ライフステージ食」は、ペット栄養管理士監修のもと、赤米や紅きびなどの穀物を用いてミネラルや食物繊維などを摂取し、栄養バランスを整えています。猫の健康は、毎日の食でつくられるもの。いつまでも元気で長生きしてほしいという想いを、ひと缶ひと缶に込めてお届けしています。

実際に使用している食品

※実際に使用している食品です

製造ライン

品質検査

ヒスタミン検査・細菌検査など

私たちが頑なに守っているのが「飼料でなく、食べ物」という考え方。だから、余計な栄養剤や添加物を入れることはしません。水揚げされた新鮮なまぐろを素早く調理。内臓や骨はていねいに取り除き、魚の旨味をそのままに。漁港ならではの加工のスピードが、そのまま味の差になります。猫はとても嗅覚が鋭く、人間よりはるかに鮮度に敏感です。そんな猫たちにも、フレッシュなおいしさを閉じ込めた「たま伝」は、食いつきの良さが違います。

五感検査

検査の中でも、とりわけ重視しているのが、実際に人間が目で見て、匂いを嗅ぎ、実際に味わってみる五感検査です。人の食品レベルのクオリティに作っているフードだから、試食にもためらいはありません。猫の好みを研究しつくしたスタッフが、まさに猫の味覚、猫の気持ちになって、検査を行っています。